社会基盤マネジメント学領域 HOME > 構成員 > 小濱 健吾 特任准教授

小濱 健吾 特任准教授

構成員一覧に戻る

氏名:小濱 健吾(Obama Kengo)

Email:k-obama(@)civil.eng.osaka-u.ac.jp






【研究テーマ】
高速道路学,アセットメトリクス,リスクメトリクス
・舗装マネジメントに関する研究
・橋梁マネジメントに関する研究

【研究内容】
日本の高速道路の嚆矢である名神高速道路の開通から半世紀以上が経過し,概ね9000kmの道路網が整備された.高速道路の整備と事業の運営の過程においては,計画・調査・設計・建設・点検・保全・改築などの技術力が養われ,また,資金調達・料金収受・収益事業などを通じて経営力を培ってきた.これら,有形・無形の技術,および知見を,独立普遍的な学問・研究の対象として捉え,体系化したものを高速道路学と定義し,新たな学究的領域である高速道路学の体系化と社会的な認知を目標としている.高速道路学は「高速道路評価学」と「社会基盤経営学」によって構成されるが,主として,社会基盤経営学に関する研究を進めている.具体的に,暗黙知(経験知)として蓄積された内包知識について,専門知としての形式知化(見える化)を図り,蓄積した技術力を有効的,かつ普遍的に伝承するための研究を進めている.

【学 歴】
平成18年3月 京都大学工学部地球工学科 卒業
平成20年3月 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻博士前期課程 修了
平成24年9月 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻博士後期課程 修了

【職 歴】
平成19年7月~平成21年3月 大阪大学大学院工学研究科附属 フロンティア研究センター 特任研究員(非常勤)
平成21年4月~平成23年3月  日本学術振興会 特別研究員
平成24年7月~平成24年10月 大阪大学大学院工学研究科 地球総合工学専攻 特任研究員(非常勤)
平成24年11月~平成26年3月 大阪大学大学院工学研究科 NEXCO西日本高速道路学共同研究講座 特任研究員(常勤)
平成26年4月~平成27年6月 大阪大学大学院工学研究科 NEXCO西日本高速道路学共同研究講座 特任助教(常勤)
平成27年7月~現職 大阪大学大学院工学研究科 NEXCO西日本高速道路学共同研究講座 特任准教授(常勤)

【論 文】

22.小濱健吾,早矢仕廉太郎,宮田弘和,松井隆行,貝戸清之:橋梁部材種別間の点検頻度の相違を考慮した最適点検施策,土木学会論文集F4(投稿中)

21.水谷大二郎,小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:社会基盤施設の多元的劣化過程モデル,土木学会論文集D3(投稿中)

20.平川恵士,水谷大二郎,小濱健吾,貝戸清之:非定常な点検間隔を考慮した高速道路トンネル照明設備の最適点検・更新施策,土木学会論文集F4(修正中)

19.宮崎文平,加藤寛之,小濱健吾,貝戸清之,風戸崇之,田中克則:膨大な路面性状調査データに基づく舗装補修施策の評価,土木学会論文集F4(修正中)

18.平川恵士,小濱健吾,早矢仕廉太郎,貝戸清之:トンネル照明ランプの不点・光束減衰を考慮したリスクシミュレーションモデル,土木学会論文集F4(投稿中)

17.佐藤正和,貝戸清之,小林潔司,小濱健吾,宮﨑文平:TA法と舗装劣化寿命誤差,土木学会論文集E1,Vol.71,No.1,pp.1-18,2015.

16.大井明,宮﨑文平,小濱健吾,貝戸清之,小林潔司,山口清人:定期的なFWD調査データを用いた高速道路舗装の劣化予測,土木学会論文集E1,Vol.70,No.2,pp.11-25,2014.

15.小濱健吾,貝戸清之,小林潔司,古野幸夫:苦情発生を考慮した道路巡回政策,土木学会論文集F4, Vol.70, No.1, pp.25-3, 2014.

14.小濱健吾,貝戸清之,小林潔司,福田泰樹,板垣勝則:道路障害物に関する苦情発生分析,土木学会論文集F4, Vol.69, No.1, pp.32-46, 2013.

13.宮﨑文平,風戸崇之,濵梶方希,小濱健吾,貝戸清之:高機能舗装を対象とした高速道路の路面管理基準に関する実証的研究,土木学会論文集E1(舗装工学), Vol.69, No.3(舗装工学論文集Vol.18), pp.I_175-I_183, 2013.

12.早矢仕廉太郎,平川恵士,小濱健吾,貝戸清之:トンネル照明を対象とした空間的照度分布の推定,土木学会論文集F4(建設マネジメント)特集号,Vol.69,No.4,pp.I_19-I_26,2013.

11.小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:混合ポアソン劣化モデル:コンクリートの剥離・剥落発生事象への適用,土木学会論文集F4(建設マネジメント)特集号, Vol.69, No.4, pp.I_27-I_37, 2013.

10.坂口創,平川恵士,水谷大二郎,小濱健吾,貝戸清之:落下物品目の多様性を考慮した高速道路上落下物の反射率分布推定,土木学会論文集F4(建設マネジメント)特集号, Vol.69, No.4, pp.I_39-I_49, 2013.

9.小濱健吾,貝戸清之,青木一也,小林潔司,福田泰樹:劣化過程を考慮した最適廃棄・補修政策,土木学会論文集F4, Vol.68, No.3, pp.141-156, 2012.

8.下村泰造,藤森裕二,貝戸清之,小濱健吾:空港コンクリート舗装の最適維持補修モデル, 土木学会論文集D3, Vol.67, No.4, pp.542-561, 2011.

7.下村泰造,小林潔司,小濱健吾,貝戸清之:空港コンクリート舗装のハイブリッド劣化モデル:土木計画学研究・論文集, Vol.26, No.1, pp.47-58, 2009.

6.下村泰造,小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:空港舗装のアセットマネジメントのためのハイブリッド型地盤沈下モデル, 土木学会論文集F, Vol.64, No.4, pp.463-482, 2008.

5.堀倫裕,小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:下水道処理施設の最適点検・補修モデル,土木計画学研究・論文集, Vol.25, No.1, pp.213-224, 2008.

4.小濱健吾,岡田貢一,貝戸清之,小林潔司:劣化ハザード率評価とベンチマーキング,土木学会論文集A, Vol.64, No.4, pp.857-874, 2008.

3.藤原栄吾,小濱健吾,貝戸清之,小林潔司,沢田康夫: 積雪寒冷地におけるポットホール補修合材の耐久性分析, 建設マネジメント論文集, Vol.15, pp.239-247. ,2008

2.貝戸清之,山本浩司,小濱健吾,岡田貢一,小林潔司:ランダム比例ワイブル劣化ハザードモデル:大規模システムへの適用, 土木学会論文集F, Vol. 64, No. 2 pp.115-129,2008.

1.小濱健吾,貝戸清之,小林潔司,加藤俊昌,生田紀子,道路障害リスクと道路巡回の合理化方策,建設マネジメント論文集, Vol.14, pp.87-98, 2007

【国際会議・シンポジウム】

12.Sakaguchi, S., Mizutani, D., Obama, K. and Kaito, K.: Bayesian Estimation of Multi-stage Weibull Deterioration Hazard Model, 10th Japanese-German Bridge Symposium, Munich, Germany, 2014.

11.Hayashi, R., Obama, K. and Kaito, K.: A Peeling/Flacking Prediction Model for RC Handrails in Consideration of a Spatial Chain, The 37th IABSE Symposium – Engineering for Progress, Nature and People, Madrid, Spain, 2014.

10.Hayashi, R., Hirakawa, S., Obama, K. and Kaito, K.: Estimation of Spatial Distribution of Road Illuminance in Tunnel, The 9th International Symposium on Social Management Systems (SSMS2013), No.77, Sydney, Australia, 2013.

9.Miyazaki, B., Kazato, T., Obama, K. and Kaito, K.: An Empirical Study for the Road Surface Management Criteria of Expressway Pavement, The 9th International Symposium on Social Management Systems (SSMS2013), No.7921, Sydney, Australia, 2013.

8.Sakaguchi, S., Mizutani, D., Obama, K., Hirakawa, S. and Kaito, K.: Estimation of the Reflectance Distribution of Falling Objects on the Highway for Tunnel Lighting Management, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2013), pp.4000-4005, Manchester, UK, 2013.

7.Obama, K., Kaito, K. and Kobayashi, K.: Mixed Poisson Deterioration Model for Bridge Management, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2013), pp.3989-3993, Manchester, UK, 2013.

6.Obama, K., Kaito, K. and Kobayashi, K. : Mixed Poisson Deterioration Model: Applying for Peeling/Falling off Concrete, The 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC-13) , F-2-3, Hokkaido, 2013.

5.Miyazaki, B., Obama, K. and Kaito, K. : Hidden Markov Model Considering the Inconsistencies of Observation Period, The 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC-13) , C-3-2, Hokkaido, 2013.

4.L.T.Nam, K.Obama and K.Kobayashi : Local Mixture Hazard Model-A semi-Parametric Approach to Risk Management in Pavement System, Proceeding of the 2008 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(SMC2008), Singapore, 2008.

3.Kaito, K., Obama, K., Kobayashi, K., Aoki, K. and Yamamoto, K.: Random Proportional Weibull Hazard Model and Its Application to a Traffic Control Systems, 10th International Conference on Application of Advanced Technologies in Transportation, Athens, Greece, 2008.(manuscript accepted)

2.Obama, K., Kaito, K. and Kobayashi, K: Asset Management System for Educational Facilities Considering the Heterogeneity in Deterioration Process, Symposium on Society for Social Management System 2008, Kouchi, 2008.

1.Kiyoyuki KAITO, Kengo OBAMA and Kiyoshi KOBAYASHI:Random Proportional Weibull Hazard Model for Predicting Deterioration of Educational Facilities,Proceedings of International Symposium on Ecotopia Science, CD-ROM,pp.1355-1362, Nagoya Univ., 2007.

【学位論文】

京都大学修士(工学)
「ハイブリッド型劣化予測モデルを用いた空港施設のアセットマネジメントに関する研究」

京都大学博士(工学)
「異質性を考慮した土木施設の劣化評価に関する研究」

研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top