社会基盤マネジメント学領域 HOME > 構成員 > 田中 誠勝(M2)

田中 誠勝(M2)

構成員一覧に戻る


◆連絡先
m.tanaka(a)civil.eng.osaka-u.ac.jp ※(a)を@に変換してください.

◆出身
滋賀県大津市

◆経歴 
平成24年3月 滋賀県立膳所高校を卒業
平成25年4月 大阪大学工学部地球総合工学科に入学
平成29年3月 大阪大学工学部地球総合工学科を卒業
平成29年4月 大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻に進学

◆近況報告
北海道大学で開催された土木学会全国大会第73回年次学術講演会に参加,研究発表.2018.8
神戸大学で開催された平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会に参加,研究発表,2018.6
名城大学で開催された第21回応用力学シンポジウムに参加,研究発表,2018. 5
岩手大学で開催された第56回土木計画学研究発表会に参加,研究発表,2017.11
Kyoto University – University of transport and Communications
Joint Summer Course of Road Infrastructure Asset Managementに参加,2017.9
卒業論文学内発表,2017.2
卒業論文提出,2017.2

◆研究実績
<国内学会>
田中誠勝,水谷大二郎,貝戸清之 
更新施策を考慮した道路照明柱の劣化予測
平成29年度 第56回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.21,岩手大学,2017.11
田中誠勝,二宮陽平,水谷大二郎,貝戸清之
道路照明柱の更新記録データ欠損時における統計的劣化予測手法
第21回応用力学シンポジウム,名城大学,2018.5 
田中誠勝,二宮陽平,水谷大二郎,貝戸清之
更新情報の欠損を考慮した統計的劣化予測モデル
平成30年度 土木学会関西支部年次学術講演会,土木学会関西支部,神戸大学,2018.6 
田中誠勝,二宮陽平,水谷大二郎,貝戸清之
社会基盤施設における更新情報の欠損を考慮した統計的劣化予測手法
平成30年度土木学会全国大会第73回年次学術講演会,北海道大学,2018.8 

◆海外活動実績
ベトナム出張<Kyoto University – University of transport and Communications
Joint Summer Course of Road Infrastructure Asset Management>の様子



講義の様子.英語での講義は困難を極めました.修了式後の様子.UTCの先生・学生達と.


ベトナムの交通量は圧倒的に容量を上回っていました.文廟はハノイの喧騒を忘れさせる様な清々しさがありました.


本場のフォーを初めて食べました.大変美味しかったです.ソフトシェルクラブと本場の生春巻き.絶品でした.

アメリカ出張での米国におけるインフラ点検技術・制度に関する調査,研究の様子

文化や言語が異なる方たちとの交流は新しい価値観を知り,学ぶことが出来ました.トンネル点検システムの様子.
高速道路維持管理費用の捻出は,低燃費車両の普及により,ガソリン税だけでは賄う事が出来なくなってきているそうです.
そのため高速道路の有料化が米国においても普及していました.
米国の高速道路課金システムは,利用時間帯や乗車人数によって変動し,大変興味深かったです.


ワシントンメトロの地下鉄網は充実しており,博物館や動物園,チャイナタウン等へのアクセスが容易です.
また,SmarTripと呼ばれるプリペイド式ICカードが一般的に用いられており,運賃表を熟視する煩わしさが無いので短期滞在者にとって大変利用し易いです.


アーリントン国立墓地内にある海兵隊戦争記念碑には海兵隊が参加した戦争名と終戦時期が記されています.しかし中には終戦時期が記載されていない戦争もあり,この深刻さには大変驚きました.
アインシュタイン銅像と国立宇宙博物館.ワシントンDCにはスミソニアン学術境界が運営している様々な博物館があります.
たとえエレベーター付近であっても食べたくなる人がいるほどお寿司は普及していました.

タイムズスクエア付近は時間帯を問わず活気に溢れていました.
ステーキやピザのボリュームの大きさに圧倒されました.大きさだけでなく,
その美味しさにはお腹だけでなく目玉も飛び出ます.
米国での生活の中で,決済システムや配車システム等の様々な点で自動化が進んでいるのを発見しました.

 

研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top