社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究活動 > 共同研究実績

共同研究実績

  • 1)(財)阪神高速道路管理技術センター,「長大橋点検データ分析と構造特性を考慮したアセットマネジメント手法開発」,2008.3~2009.3
  • 2)(財)鉄道総合技術研究所,「移動荷重による構造物の部材振動特性の推定」,2008.9~2009.3
  • 3)(財)鉄道総合技術研究所,「統計的劣化予測手法に関する研究」,2008.9~2009.3
  • 4)西日本高速道路株式会社,「LCC最小化のための統計的劣化予測による高速道路構造物の安全・安心管理指標の提案と実践検討」,2008.10~2009.3
  • 5)(財)水道技術研究センター,「ハザードモデルを用いた管路の機能劣化予測と劣化因子の統計分析」,2009.1~2011.3
  • 6)(財)阪神高速道路管理技術センター,「力学的性能を考慮したフォルト・ツリー分析に基づく長大橋の最適点検間隔」,2009.6~2010.3
  • 7)株式会社パシフィックコンサルタンツ,「下水道管路データを用いた劣化推計手法の研究」,2009.6~2010.5
  • 8)(財)鉄道総合技術研究所,「走行列車荷重による構造物の部材振動特性の推定」,2009.9~2010.3
  • 9)(財)鉄道総合技術研究所,「統計的劣化予測手法に関する研究」,2009.10~2010.3
  • 10)西日本高速道路株式会社,「点検データに基づく床版コンクリート剥離・剥落の統計分析」,2009.9~2011.2
  • 11)(財)鉄道総合技術研究所,「構造物劣化を考慮した地震時車両走行性評価」,2010.7~2011.3
  • 12)(財)鉄道総合技術研究所,「点検データを用いたRC構造物の統計的劣化予測手法」,2010.7~2011.3
  • 13)(財)阪神高速道路管理技術センター,「地震リスクを考慮したフォルト・ツリー分析に基づく長大橋の最適点検間隔」,2010.9~2011.3
  • 14)阪神高速道路株式会社,「長大橋計画段階における合理的な維持管理を可能とするための初期投資検討に関する共同研究」,2011.4~2012.3
  • 15)(財)鉄道総合技術研究所,「構造物劣化を考慮した地震時車両走行性評価」,2011.10~2012.3
  • 16)西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本 高速道路学共同研究講座),「道路構造物の点検等データに基づくナレッジマネジメントに関する基礎的研究」,2011.10~
  • 17)(財)名古屋高速道路協会,「点検情報を用いた都市高速道路の点検管理のあり方に関する研究」,2012.4~2013.2
  • 18)(公財)鉄道総合技術研究所,「複線すれ違いの影響の定量化手法の構築」,2012.6~2013.3
  • 19)(一財)名古屋高速道路協会,「点検情報を用いた都市高速道路の点検管理のあり方に関する研究 その2」,2013.5~2014.2
  • 20)(公財)鉄道総合技術研究所,「加振力の変動を考慮した構造パラメータの同定法」,2013.6~2014.2
1 / 212
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top