社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究活動 > 共同研究実績

共同研究実績

  • 21)(一財)名古屋高速道路協会,「点検情報を用いた都市高速道路の点検管理のあり方に関する研究 その3」,2014.6~2015.3
  • 22)(公財)鉄道総合技術研究所,「実構造物から同定した構造パラメータに基づく性能評価法」,2014.9~2015.3
  • 23)株式会社富士通研究所,「社会インフラ維持管理領域へのデータ分析技術の適用を目的とした研究開発」,2015.8~2016.3
  • 24)NEXCO中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社,「点検データの活用に関する研究」,2016.2~2017.2
  • 25)パナソニックAVCネットワークス,「インフラ維持・管理向け画像センシング技術に関する研究」,2016.10~2017.3
  • 26)株式会社富士通研究所,「社会インフラ構造物の劣化予測技術の実用化に向けた研究」,2016.10~2017.3
  • 27)株式会社開発設計コンサルタント,「平成29年度RBM点検高度化のうち劣化予測に関する研究」,2017.6~2018.2
  • 28)日本水工設計株式会社,「維持管理コストに関するDEA分析等に関する研究」,2017.12~2018.2
  • 29)オリエンタルコンサルタンツ株式会社,「舗装の路面性状におけるマルコフ劣化ハザードモデル推計の研究」,2018.4~2018.5
  • 30)(公財)鉄道総合技術研究所,「非定常システム同定のための階層ベイズ推計法に関する研究」,2018.8~2019.3
  • 31)株式会社開発設計コンサルタント,「平成30年度RBM点検高度化のうち劣予測に関する研究」,2018.8~2019.2
  • 32)オリエンタルコンサルタンツ株式会社,「舗装の路面性状におけるマルコフ劣化ハザードモデル推計の研究」,2019.5~2019.7
  • 33)(公財)鉄道総合技術研究所,「走行列車荷重下における橋りょうの時変剛性推計法に関する研究」,2019.7~2020.3(予定)
  • 34)株式会社開発設計コンサルタント,「平成31年度RBM点検高度化のうち劣予測に関する研究」,2019.9~2020.2(予定)
  • 35)阪神高速技術株式会社,「点検データを用いた点検時措置の効果検証に関する研究」,2019.7~2020.3(予定)
2 / 212
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
6階606号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top