社会基盤マネジメント学領域 HOME > 教育活動 > 研究指導

研究指導

  • 1)

    博士論文

    2017年度
    浜田成一:維持修繕工事における分業化体制での施工マネジメントに関する研究

    2016年度
    徳永宗正:動的相互作用を考慮した鉄道高架橋システムの設計手法の開発
    水谷大二郎:アセットマネジメントにおけるデータ欠損補完と多元的劣化評価に関する研究

    2014年度
    平川恵士:トンネル照明設備を対象としたデータ指向型マネジメント手法に関する研究

    2012年度
    松岡弘大:走行列車荷重作用下における鉄道橋振動特性の同定に関する実証的研究

  • 2)

    修士論文

    2017年度
    音地拓:降雨斜面災害リスク評価に基づく通行規制基準設定スキームの提案
    田中晶大:空間的連鎖性および異質性を考慮した劣化予測モデル
    二宮陽平:個別損傷に着目した統計的劣化予測モデルに基づく大規模更新・修繕計画の最適化

    2015年度
    北浦直樹:長期記憶モデルによるモニタリングデータの統計的劣化予測
    山田洋太:補修意思決定過程を考慮した高速道路の排水性舗装マネジメント

    2014年度
    数実浩佑:アセットマネジメントの高度化に向けた長期モニタリングデータの時系列分析
    坂口創:劣化過程の時間依存性に着目した社会基盤施設のアセットメトリクス
    早矢仕廉太郎:統計的劣化予測技術に基づくインフラ評価手法の多角化

    2013年度
    水谷大二郎:階層的関係に着目した統計的劣化予測技術の高度化
    宮﨑文平:ビッグデータ分析による高速道路舗装マネジメント

    2011年度
    福田泰樹:混合確率モデルのベイズ推計を用いたインフラ管理政策の高度化

    2010年度
    起塚亮輔:混合確率モデルを用いた社会基盤施設の統計的劣化予測

    2009年度
    松岡弘大:走行列車荷重作用下における鉄道橋の振動特性の同定と適用の高度化

  • 3)

    卒業論文

    2017年度
    新郷侑子:管理効率性に着目した下水道施設の包括的民間委託導入効果
    藤堂政行:変状数の有限性を考慮した変状数生起確率モデル

    2016年度
    荒木駿:高速道路舗装における補修履歴と舗装層厚を考慮した層別耐荷力予測
    宇野裕亮:階層的な異質性を考慮した混合マルコフ劣化ハザードモデル
    阪本凌一:伸縮装置の劣化が鋼桁端部の腐食に及ぼす影響評価

    2015年度
    音地拓:高速道路における降雨時通行規制基準策定のための斜面災害発生分析
    笹井晃太郎:連続量データを用いた高速道路舗装構造の耐荷力予測
    田中晶大:RC床版の集計的劣化総合評価
    二宮陽平:疲労亀裂の発生および進展に着目した鋼床版の統計的劣化予測モデル

    2014年度
    堀舜揮:ヴァイン・コピュラを用いた劣化総合評価

    2013年度
    北浦直樹:点検頻度の非同期性を考慮した舗装構造の複合的隠れマルコフ劣化モデルの推計
    山田洋太:判定基準変更を考慮した隠れマルコフ劣化モデル

    2012年度
    数実浩佑:統計的時系列モデルを用いた列車走行時の振動性状分析法
    坂口創:実測データに基づく高速道路上落下物の反射率分布

    2011年度
    水谷大二郎:混合マルコフ劣化ハザードモデルの階層ベイズ推計
    宮﨑文平:ポアソン隠れマルコフモデルによる道路舗装マネジメント

    2010年度
    大園康太郎:道路障害物発生リスク評価と巡回巡視施策

    2008年度
    起塚亮輔:ハザードモデルを用いた構造物の劣化予測

    2007年度
    阿部元気:走行列車荷重を利用した鉄道橋の振動モニタリングシステムの提案

研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top