社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究実績 > 国内学会・シンポジウム

国内学会・シンポジウム

  • 181)二宮陽平,貝戸清之:サンプル選択バイアスを考慮した社会基盤施設の統計的劣化予測手法,第58回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.P205,大分大学,2018.11
  • 182)田中誠勝,二宮陽平,水谷大二郎,貝戸清之:社会基盤施設の更新履歴データ欠損時における統計的劣化予測手法,第36回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会,No.322,土木学会,2018.12
  • 183)篠崎秀太,松岡弘大,貝戸清之:梁理論に基づく移動荷重下の任意支持条件連続梁の簡易動的解析,第22回応用力学シンポジウム講演概要集,土木学会,No.C000196,北海道大学,2019.6
  • 184)二宮陽平,貝戸清之:目視点検データのサンプル欠損バイアスを補正した統計的劣化予測手法,第22回応用力学シンポジウム講演概要集,土木学会,No.C000218,北海道大学,2019.6
  • 185)篠崎秀太,松岡弘大,貝戸清之:ベイズ推定による現有性能の不確実性が既存橋梁への支点追加補強に及ぼす影響分析,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2234,札幌コンベンションセンター,2019.7
  • 186)徐磊,二宮陽平,貝戸清之:劣化速度の差異に着目したRC床版の点検施策プロファイリング,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2235,札幌コンベンションセンター,2019.7
  • 187)篠崎秀太,二宮陽平,貝戸清之,鎌田敏郎,山中明彦,阪本凌一,野々目延浩,川西博貴:下水道管渠の地理情報を用いた重点維持管理のためのスクリーニング,第56回下水道研究発表会,No.S-1-2-6,パシフィコ横浜,2019.8
  • 188)二宮陽平,河合良治,貝戸清之:橋梁の点検データを用いた塗装塗り替え周期の妥当性評価,第33回日本道路会議,都市センターホテル,2019.11(投稿中)
  • 189)橋詰遼太,二宮陽平,堤浩志,小濱健吾,貝戸清之:斜面災害発生確率を用いた通行規制基準の提案,第33回日本道路会議,都市センターホテル,2019.11(投稿中)
10 / 10« 先頭...678910
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top