社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究実績 > 国内学会・シンポジウム

国内学会・シンポジウム

  • 61)起塚亮輔,貝戸清之,伊藤哲男,西川秀:目視点検データに基づく橋梁床版のかぶりコンクリートの剥離・剥落に関する統計分析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.32,No.2,pp.1441-1446,大宮ソニックシティ,2010.7
  • 62)藤原栄吾,貝戸清之:舗装評価の相対化による補修計画の立案,平成22年度近畿地方整備局研究発表会,近畿地方整備局,2010.7
  • 63)貝戸清之:アセットメトリクス,サマースクール2010「建設マネジメントを考える」,建設マネジメント勉強会,アセットマネジメントフロンティア研究会主催,pp.13-28,2010.8
  • 64)貝戸清之,鎌田敏郎,大谷明,山中明彦:下水道コンクリート管渠の統計的劣化予測,セメント・コンクリート関西発表会2010,大阪科学技術センター,2010.9
  • 65)Nam, L. T., Kaito, K. and Kobayashi, K.: A Poisson Hidden Markov Model for Deterioration Prediction of Road Asset System, 第42回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.161,山梨大学,2010.11
  • 66)青木一也,江口利幸,大井明,貝戸清之,小林潔司:劣化過程の不確実性を考慮した路面性状調査の最適実施方策,第42回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.162,山梨大学,2010.11
  • 67)貝戸清之,森悠,藤原栄吾,小林潔司,橋本拓己:相対評価モデルを用いた舗装構造の劣化診断,第42回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.164,山梨大学,2010.11
  • 68)金川昌弘,坂井康人,貝戸清之,小林潔司:無線モニタリングによる伸縮継手損傷検出の可能性,第43回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.336,筑波大学,2011.5
  • 69)福田泰樹,貝戸清之,橋爪謙治,横山和昭:統計的劣化予測に基づく補修優先順位の決定と相対的事後評価,第43回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.339,筑波大学,2011.5
  • 70)起塚亮輔,小林潔司,貝戸清之,大井明:階層的隠れマルコフ劣化モデルを用いた舗装構造の劣化予測,第43回土木計画学研究・講演集,土木学会,筑波大学,CD-ROM,No.340,2011.5
  • 71)松村泰典,小林潔司,江口利幸,大井明,青木一也,貝戸清之:舗装構造の予防保全モデル,第43回土木計画学研究・講演集,土木学会,筑波大学,CD-ROM,No.341,2011.5
  • 72)貝戸清之,松岡弘大,金治英貞,杉岡弘一,大石秀雄:地震リスクを考慮したフォルト・ツリー分析に基づく長大橋の最適点検間隔,第43回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.342,筑波大学,2011.5
  • 73)仁平達也,松岡弘大,貝戸清之,轟俊太郎:複合劣化によるRC部材の剥離・剥落に関する統計分析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.33,No.1,pp.737-742,大阪国際会議場,2011.7
  • 74)松岡弘大,貝戸清之,徳永宗正,曽我部正道:インパルスハンマーによる多点加振を用いた部材振動特性の同定,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.33,No.2,pp.955-960,大阪国際会議場,2011.7
  • 75)福田泰樹,貝戸清之,橋爪謙治,横山和昭:RC床版の統計的劣化予測と補修効果の事後評価,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.33,No.2,pp.1495-1500,大阪国際会議場,2011.7
  • 76)貝戸清之,大津宏康:ライフサイクル費用評価,アセットマネジメントサマースクール,pp.55-64,京都ビジネスリサーチセンター,京都大学東京オフィス,2011.8
  • 77)貝戸清之:橋梁(補修優先順位,補修効果の事後評価),アセットマネジメントサマースクール,pp.73-89,京都ビジネスリサーチセンター,京都大学東京オフィス,2011.8
  • 78)貝戸清之,道路付帯施設・情報管理施設のアセットマネジメント,第8回新都市社会技術セミナー,近畿地方整備局,2011.9
  • 79)松岡弘大,貝戸清之,曽我部正道:逐次推計を用いた動特性の変化点検出手法,橋梁振動コロキウム2011,土木学会,pp.98-105,2011.9
  • 80)貝戸清之,松岡弘大:同一形式の橋梁群を対象とした列車走行時の振動特性,橋梁振動コロキウム2011,土木学会,pp.106-113,2011.9
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top