社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究実績 > 国内学会・シンポジウム

国内学会・シンポジウム

  • 81)松岡弘大,貝戸清之,轟俊太郎,曽我部正道:複合劣化によるRC高欄の剥離・剥落の発生リスク,第7回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム論文集(JCOSSAR2011),建築学会,pp.218-223,日本学術会議,2011.10
  • 82)福田泰樹,貝戸清之,橋爪謙治,横山和昭:ベンチマーク分析に基づく床版補修効果の事後評価,第7回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム論文集(JCOSSAR2011),建築学会,pp.236-241,日本学術会議,2011.10
  • 83)藤原栄吾,小林潔司,貝戸清之,橋本拓己:舗装の耐久性向上を目的とした補修計画の検討,第44回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.195,岐阜大学,2011.11
  • 84)阿部真育,小林潔司,貝戸清之:ロジックモデルを用いた道路巡回業務運営効率向上システムの開発,第44回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.198,岐阜大学,2011.11
  • 85)福田泰樹,貝戸清之,小林潔司:道路巡視・巡回業務と路上障害物・応急業務発生リスク,第44回土木計画学研究・講演集,土木学会,岐阜大学,CD-ROM,No.199,2011.11
  • 86)貝戸清之,小林潔司,松岡弘大:混合マルコフ劣化ハザードモデルの階層ベイズ推計,第44回土木計画学研究・講演集,土木学会,岐阜大学,CD-ROM,No.200,2011.11
  • 87)福田泰樹,貝戸清之,松岡弘大:非斉次ポアソンモデルによるコンクリートの剥離・剥落の統計分析,第29回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会,土木学会,pp.5-8,2011.12
  • 88)貝戸清之,小林潔司,福田泰樹:道路区間の異質性を考慮した落下物発生リスクと巡回間隔,第29回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会,土木学会,pp.13-16,2011.12
  • 89)水谷大二郎,金川昌弘,坂井康人,貝戸清之,小林潔司:ベンチマーク分析と重点監視部材の抽出,第45回土木計画学研究・講演集,土木学会,京都大学,CD-ROM,No.353,2012.6
  • 90)貝戸清之,小林潔司,福田泰樹:ベンチマーク分析に基づく補修効果の事後評価,第45回土木計画学研究・講演集,土木学会,京都大学,CD-ROM,No.354,2012.6
  • 91)小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:苦情発生を考慮した道路巡回政策,第45回土木計画学研究・講演集,土木学会,京都大学,CD-ROM,No.355,2012.6
  • 92)阿部真育,小林潔司,貝戸清之:タブレット型PCによる道路巡回業務運営効率向上システムの開発,第45回土木計画学研究・講演集,土木学会,京都大学,CD-ROM,No.356,2012.6
  • 93)松岡弘大,貝戸清之,徳永宗正,曽我部正道:鉄筋腐食を考慮したRC高欄の剥離・剥落発生予測モデル,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.34,No.2,pp.1435-1440,広島国際会議場,2012.7
  • 94)福田泰樹,貝戸清之:混合ポアソン発生モデルによるコンクリート剥離・剥落の統計分析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.34,No.2,pp.1441-1446,広島国際会議場,2012.7
  • 95)

    大津宏康,貝戸清之:ライフサイクル費用評価,アセットマネジメントサマースクール,京都ビジネスリサーチセンター,pp.33-40,京都大学東京オフィス,2012.8

  • 96)貝戸清之:道路付帯施設・情報管理施設のアセットマネジメント,第9回新都市社会技術セミナー,近畿地方整備局,2012.10
  • 97)田中伸幸,内田慎哉,松岡弘大,鎌田敏郎,貝戸清之:非破壊試験および構造解析による塩害劣化したRC部材の曲げ耐力に関する劣化曲線の逐次更新手法,第12回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,日本材料学会,Vol.12,pp.157-164,京都テルサ,2012.11
  • 98)松岡弘大,田中伸幸,貝戸清之:かぶりコンクリートの剥離・剥落および鉄筋腐食過程の推計,第46回土木計画学研究・講演集,土木学会,埼玉大学,CD-ROM,No.14,2012.11
  • 99)小濱健吾,貝戸清之,小林潔司:非斉次ポアソン混合分布モデル:コンクリートの剥離・剥落発生事象への適用,第46回土木計画学研究・講演集,土木学会,CD-ROM,No.15,埼玉大学,CD-ROM,2012.11
  • 100)水谷大二郎,貝戸清之,小林潔司:マルコフ・スイッチングモデルによるポットホール発生過程,第46回土木計画学研究・講演集,土木学会,埼玉大学,CD-ROM,No.16,2012.11
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top