社会基盤マネジメント学領域 HOME > 研究実績 > 論説,その他

論説,その他

  • 1)貝戸清之:ニューヨーク市における橋梁維持管理マネジメントの現状,橋梁と基礎,Vol.36,No.10,pp.37-41,2002.10
  • 2)阿部允,貝戸清之:維持管理技術,橋梁と基礎,Vol.37,No.8,pp.47-49,2003.8
  • 3)阿部允,貝戸清之:<インタビュー>メンテナンス業産業化の展望,橋梁のメンテナンスにおけるソリューション提案型事業,メンテナンス,No.238,秋号,pp.75-80,2003.10
  • 4)阿部允,浅岡敏明,貝戸清之,公門和樹:橋梁を守る(橋守)技術の現状と今後の展望について,土木コスト情報,pp.9-14,2004.1
  • 5)貝戸清之,藤野陽三,阿部允:鋼橋の防食設計とLCC評価(その4)-LCC評価における目視検査結果の活用-,橋梁と基礎,Vol.38,No.4,pp.49-54,2004.4
  • 6)貝戸清之:アセットマネジメントの視点から見た長寿命化,土木学会誌,Vol.94,No.10,pp.12-14,2009.10
  • 7)貝戸清之:実践的アセットマネジメントのフロンティア-目視点検データを最大限活用して-,土木学会誌,Vol.95,No.12,pp.66-69,2010.12
  • 8)貝戸清之:点検データを活用して,現場の実務と整合性のとれた道路・橋梁の維持管理を(巻頭インタビュー),道路,Vol.864,pp.4-9,2011.9
  • 9)貝戸清之:積雪地を対象とした舗装マネジメント-舗装の補修と耐久性向上を目指して-,道路建設,Vol.729,pp.42-45,2011.11
  • 10)貝戸清之:學の庭から(研究者紹介)⑳,-専門性のない研究室へ-,舗装,Vol.49,No.9,pp.44-46,2012.9
  • 11)貝戸清之:アセットマネジメント技術の高度化と標準化,高速道路と自動車,Vol.55,No.11,pp.16,2012.11
  • 12)貝戸清之:ZOOM UP この人の仕事の流儀Vol.23,現場主義と発想の転換で進む Win-Winのマネジメントモデルをめざして(インタビュー),SCOPE NET,Vol.68,pp.20-22,2013.12
  • 13)貝戸清之:インフラ老朽化 膨大な点検データ生かせ(私の視点),朝日新聞,2014.3
  • 14)貝戸清之:インフラマネジメントとビッグデータ,交通科学,Vol.44,No.2,pp.11-16,2014.3
  • 15)貝戸清之:舗装マネジメントシステムの現状と展望-京都モデルのベトナム国道での適用例を中心に-,土木施工,Vol.55,No.5,pp.54-57,2014.5
  • 16)貝戸清之:インフラマネジメントの観点から求められるモニタリングデータの活用法,巨大構造物ヘルスモニタリング-劣化メカニズムから監視技術とその実際まで,NTS,pp.35-41,2015.2
  • 17)貝戸清之,数実浩佑:統計的変化点検出に基づく社会基盤施設の早期異常検知,信頼性,Vol.37,No.3,日本信頼性学会,pp.116-125,2015.5
  • 18)貝戸清之:安全・安心へ大きな役割(インタビュー),建設通信新聞,2015.5
  • 19)貝戸清之,織田澤利守(分担執筆):日本土木史-1991-2010-,アセットマネジメントの数理手法,土木学会(投稿中)
研究室情報
〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘2-1
工学研究科 AR棟(総合研究棟)
6階604号室(貝戸准教授室)
6階605号室(学生研究室)
TEL: 06-6879-7622
E-mail: kaito@civil.eng.osaka-u.ac.jp
アクセスマップ

Page Top